中国株取引の信用リスクについて | 中国株取引の始め方

中国株取引の信用リスクについて

配当金が高いことなど魅力の大きい中国株式ですが、その取引において信用リスクというリスクがありますので、中国株を取引する際のリスクについて紹介してみます。中国株だけではなく国内の株式においても言えるのですが、リスクを考えておくことは重要なことです。折角、順調に株価が伸びていたとしても、不祥事の1つでこれまでの上昇がすべてなかったことになると言うような例も珍しくありません。


中国株における信用リスクとは、端的に書いてしまいますと、中国の企業の信用問題に関するリスクのことだと言えます。例えば、日本の企業でもあるのですが決算書や報告書など、企業側が開示する情報が粉飾されていることもあり、こうしたことが明るみに出ることで株価が急降下してしまいます。


中国株は値幅規制が無い市場もありますので、日本のようにストップ安、ストップ高などの制限がなく、際限なく株価が上昇したり下降したりすることもあいまって、リスク管理をすることがとても重要になってきます。ただし、中国株に関しての情報は日本では入手しにくくなっており、様々な情報の提供先から情報を収集していくことが重要となります。インターネット、書籍、セミナー、証券会社からの情報などなど積極的に情報を収集していく必要があるので、留意しておくと良いでしょう。


また、中国の場合は共産党による一党独裁体制となっており、政治主導によって様々な物が決定されてしまいますので、中国政府の政策によって株価が動くことも頻繁にあります。


ですので、中国政府の経済政策に関してはきちんと把握するように努めておくと良いでしょう。